髪は女の・・・

3ヶ月ぶりに 髪の毛 をカットしてきました。

 

美容院も新型コロナウイルス感染症の対策をしつつ営業されているようですが

私の通う美容院は、休業されることもなく、営業をつづけておられたとのこと。

 

「感染したら、感染させたら、どうしようと心配になった時期もあった。」と美容師さんがお話されていました。

自覚症状がなくても感染している可能性がある。

本当に厄介なウイルスです。

 

髪の毛のカットだけは、思い立ったが吉日!で、切りたくなると、居ても立っても居られないですよね。

とかいいながら、自分はノンキなクチで、ショートなのに定期的にカットに行くこともなく、気分に合わせて行ったり行かなかったり。

 

ですが、カットし終わったら サイコー!! とか思ったりします。

 

梅雨なので、湿気で髪の毛がうねったり、暴発したりと、ヘアスタイルが崩れやすい季節。

ご機嫌なヘアスタイルが維持できるように、美容師さんに色んなヘアケア方法聞いてきたので、しばらく継続してみよう!

 

 

いつかの昼食

 

 

閑話休題。

中医学では

『髪為血之余』といわれ、身体の中の血が十分にあれば頭髪はたっぷりと充実し、黒く光沢があるが、加齢により血が不足してくると、頭髪は白くなり、枯葉のように抜けやすくなる・・・

と言われています。

 

たしかに、不規則な生活になったり、寝不足が続いたり、また女性なら月経前、更年期には、髪の毛がまとまりにくくなったり、傷んだような気がするのはそういう事か。。。

 

我が家の母方の家系は、年齢と共に薄毛になる家系。

年の近い友人達との会話でも、加齢による薄毛の話題が出るようになってきました。

 

中国人の常識では

「髪に良いのは黒胡麻。」

「だけど食べ物では時間もかかる。」

「時間がかかるどころか無駄かもしれないヨ。」

だと、ある中国人の先生が言われていました。

 

食べるといっても限度があるし

消化力も落ちてきているしなぁ。

 

 

私的には

いっぺん落ちつこか。

といった所です。

 

 

1